農政調査委員会は農業、農村の現場から提言します - Since 1962

調査・研究活動案内:
2018年9月18日:学会発表情報(日本地理学会・和歌山大学9/22-24)

農政調査委員会のスタッフが下記学会の学術大会にて日頃の調査研究成果の発表を行いますのでご案内いたします。


■日本地理学会秋季学術大会

  • 会場:和歌山大学
  • 大会期日:2018年9月22日(土)~24日(月)
  • 発表者・題目:
  1. SASAKI Lidia (Tokyo Metropolitan Univ., APC) and TAKATORI Yasuko (APC): Emergence of Satoyama-based inbound tourism and its challenges: Case study of Hida area, Gifu prefecture(発表番号:413;日時:9月22日(土)14:40-15:00;第4会場)
  2. 鷹取 泰子(農政調査委員会)・佐々木 リディア(首都大・農政調査委員会):北海道の農山村におけるインバウンド旅行者向けのサイクル・ツーリズムに関する予察的調査(発表番号:P115;ポスター会場1)

日本地理学会の学術大会は非会員の方でも参加いただけます(参加費が必要、ただし高校生以下は無料)。 その他詳細は日本地理学会のウェブサイトで、大会プログラム等が閲覧可能です。
「2018年 秋季学術大会」
「2018年日本地理学会秋季学術大会タイムテーブル」(PDF)