農政調査委員会は農業、農村の現場から提言します - Since 1962

講演会報告

2019年02月06日 : 新海宏美氏・吉田俊幸氏「米に関するVesting(権限付与)の布告についての再審査(2016年)」

一般財団法人農政調査委員会では、2019(平成31年)2月5日、『のびゆく農業 世界の農政』第1040-1041集刊行記念講演会を、日本農業研究会館1階で開催しました。

shinkaiP

新海宏美氏

『のびゆく農業 世界の農政』第1040-1041集「米に関するVesting(権限付与)の布告についての再審査(2016年)」の著者である新海宏美氏(日本大学経済学部 准教授)、吉田俊幸氏(当法人理事長)をお招きし、「オーストラリアの米産業・制度と日本への影響:米Vestingに関する再審査報告に基づく」と題してご報告いただきました。フロア内での質疑応答も含めて、終始和やかに活発な議論が行われました。産・学・官の各方面から参加のお申し込みを頂き、満席で盛況のうちに終了いたしました。

《講師略歴》新海宏美氏
日本大学経済学部准教授。法政大学経済学部卒、日本大学大学院経済学研究科単位取得満期退学。専門は農業経済学・農業政策。「オーストラリア農学と農学政策に関する研究」『経済集志』、「1970年代における日本の小麦政策の転換とその影響」『日本貿易学会年報』など論文多数。修士(経済学)。

《講師略歴》吉田俊幸氏
一般財団法人農政調査委員会理事長、高崎経済大学名誉教授。東京大学農学部卒、同農学系大学院博士課程単位取得、農学博士。財団法人農政調査委員会国内調査部長・主任研究員、高崎経済大学地域政策学部教授、同大学学長を経て現職。

 
1 2ページ

■「講演会報告」のバックナンバー

■「意見ひろば」のバックナンバー

■「短報・コラム」のバックナンバー