農政調査委員会は農業、農村の現場から提言します - Since 1962

2017年1月25日 : 「のびゆく農業」最新刊(No.1032-1033:フランスの農業経営・農地政策の新動向)

nobinou1032

ご案内遅くなりましたが、「のびゆく農業」の新刊(No.1032-1033:フランスの農業経営・農地政策の新動向)の情報を追加しました。原著はフランスで2014年10月13日に制定された「農業、食料及び森林の将来のための法律」第1170号(Loi d’ avenir pour l’ agriculture, l’ alimentation et la forêt:略称・Loi d’ avenir agricole)より、「提案理由:Exposé des motifs」の前半と基本的な条文を訳出したものです。

通常よりボリュームのある解題ページおよび関連する参考資料が含まれているほか、翻訳の部分にも脚注が付されるなど、訳者による細かな配慮が随所に施された成果となっております。本書はフランスの農政の諸制度、農業生産、食料供給等に関する内容だけではなく、都市計画やEUの共通農業政策(CAP)とも深く関わる広範な内容であり、フランスのみならずEU諸国に関わる政策に関心をお持ちの方々、日本の農業・農政に関する分野の方々、地方自治体の方々にご一読いただければ幸いです。

No.1032-1033のページ

(※リンク先より本編の一部を無料でご覧頂けます)

なお、今回は分量の多い翻訳となり、通常よりページ数の多い合併号(2号分)となっております。ご購入に際しましては2号分の請求とさせていただきますので、何卒ご理解賜りたくよろしくお願い申し上げます。(税抜本体価格:640円(320円×2号;2017年1月時点))