農政調査委員会は農業、農村の現場から提言します - Since 1962

2018年5月18日 : 「のびゆく農業」(No.1036-1037:都市食料政策ミラノ協定-世界諸都市からの実践報告-)の情報を追加しました

nobinou1036

のびゆく農業・No.1036-1037「都市食料政策ミラノ協定-世界諸都市からの実践報告-」の情報を追加しました。本書はThomas Forster他編「Milan Urban Food Policy Pact: Selected Good Practices from Cities」の主要な部分と事例集の箇所(主に先進国およびアジアの事例)を翻訳いただいたものです。

No.1035-1036のページ

(※リンク先より本編の一部を無料でご覧頂けます)

本書は、2015年5月から10月にミラノで開催された万国博覧会と並行して、持続可能な都市食料政策を検討する行事が実施された際、その取り組みの継続と世界への発信のために署名された宣言文書「都市食料政策ミラノ協定」(Milan Urban Food Policy Pact)と、都市食料政策の優れた実践を行っている世界各地の都市を紹介する事例集から構成されています。また、事例集については分量が多いため、本書での紹介は欧米やアジアの先進都市に絞っておりますが、非常にバラエティに飛んだ取り組みが数多く紹介されており、興味深く参考になる箇所が多い翻訳となっています。

現時点で宣言文書に署名した日本の都市はまだ少ないながら(京都市、大阪市、富山市のみ)、近年ますますその重要性が注目される都市での農業や食料政策について関心をお持ちの方々、地域政策等の実務に関わる方々等、ぜひ多くの方にご一読いただければ幸いです。(より多くの情報がMilan Urban Food Policy Pactのウェブサイトで発信されていますので、電子版の原著等を合わせてご利用いただくことで、さらに理解を深めていただければと思います。)

なお、本書は分量の多い翻訳となり、通常よりページ数の多い合併号(2号分)となっております。ご購入に際しましては2号分の請求とさせていただきますので、何卒ご理解賜りたくよろしくお願い申し上げます。(税抜本体価格:640円(320円×2号;2018年5月時点))