農政調査委員会は農業、農村の現場から提言します - Since 1962

日本の農業-あすへの歩み-

日本農業の近代化への隘路打開のため、各地域の農業進歩への試みや農業者の対応の姿を紹介しつつ、日本経済との関連で解明します。

■価格:1冊 1,200円+消費税+送料をご負担ください。

※バックナンバーの在庫の有無に関する情報は、各出版物のページに掲載中です。

書籍購入のメール送信フォームへ

■刊行のことば

 『日本の農業-あすへの歩みー』は昭和36年以来刊を重ねて今日に至っている。この間本シリーズは,経済の高度成長と農業基本法の展開に対応して、各地域に発生したさまざまな農業進歩への試みと現地農民の自主的な対応を紹介してきた。

 わが国は世界にその類をみない食糧の大輸入消費国である。そして,石油・食糧資源などの不足を契機とする世界経済の変化は、国際食糧資源の過剰を前提としたわが国の食糧農業政策を反省せしむることになった。澎湃としておこっている食糧自給率の向上、さらに優良農用地の確保、地域の総合開発整備などの新たな問題の提起がまさにそれである。

 国の経済政策の急転回とともに、ややもすると中央集権化し、画一化した従来の農政は、ここに大きく軌道修正を迫られることとなった。高度経済成長による急激な波は、わが国の農村・農業・農民に「歪」と変化をもたらし、そのなかで、これからの農業の担い手が、ややもすると孤立化するという危険を招いている。しかしこのような変化のなかで、少数とはいえ、これらの担い手となる農民を核とした創意と英知による自主的絵な農業組織化への新しい胎動がうかがえることは力強い。

 農業はその構造的特質のゆえに、経済発展に対していちじるしくその適応性を欠いており、農業近代化への陰路はまさにその点にあり、本シリーズはその打開の途を日本経済発展との関連において解明しようとしてきた。しかし、経済発展が高度成長から低成長へと急転回するとき、わが国の農村・農業・農民には従来と違った投影があるにちがいない。『日本の農業-あすへ歩みー』は、古くて新しいこの課題の解明を意欲をもってつづけようとするものである。

 本シリーズのささやかな試みが農政の新しい展開に資するとともに、日本経済の健全な発展に役立てば幸いである。


財団法人 農政調査委員会

■バックナンバー一覧