農政調査委員会は農業、農村の現場から提言します - Since 1962

のびゆく農業:No.1005-1006:カナダにおける農業経営発展支援プログラム-オンタリオ州の経営改善チェックリスト-

■原題:
・Ontario Ministry of Agricultre Food and Rural Affairs : “Growing Your Farm for Profits – Self Assessment Tool and Workshop” ”

■発行:2012年10月10日

■解題:内山 智裕→解題等のPDFを読む(本編の一部を無料でご覧頂けます)

■翻訳:市川 直志

■対象:カナダ

■ページ数:59p.

■在庫:あり

■価格:価格表をご参照ください(※2号分になります)

■目次:

  • 解題…2
  • オンタリオ州の経営改善チェックリスト…11
  • 1. マーケティング管理…11
  • 2.生産管理…17
  • 3.財務管理…24
  • 4.人的資源管理…30
  • 5.社会的責任…33
  • 6.継承計画…40
  • 7.ビジネス構成…46
  • 8.経営戦略…48

■解題より:

1.はじめに

 昨今の貿易自由化加速の流れは、農業経営の外部環境をますます厳しいものとしている。その対応として農業経営への支援施策が必要であることはもちろんだが、同時に求められるのは、個々の農業経営による主体的な競争力強化への取り組みである。 我が国における農業経営者による主体的な経営改善の取り組みとして知られるのは認定農業者制度である。そこでは、農業者が5年後の経営目標を定めた経営改善計画を策定・実行する。農業の現場における知名度も高く、2011年3月現在で約24万の経営改善計画が認定されている。

 一方、認定農業者制度の「実効性」には、多くの批判が提起されてきた。その主なものは、改善計画の前提となる「現状分析」ができていないこと、策定された計画の進捗度がチェックされないことなどである。2011年3月の「規制仕分け」で同様の指摘が行われたこともあり、農林水産省は同年10月の「我が国の食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画」において、「農業経営の多様な発展の道筋に対応」すべく「農業経営者を客観的に評価する指標」を策定し、「優れた農業経営者の育成支援に向けた取組に活用」するとした。そして、2012年3月に公表された「新たな農業経営指標」では、「取組」「技術」「財務」の3つの指標を用いて農業経営者を評価する形となっている。

 本資料で取り上げるカナダ・オンタリオ州の「Growing Forward」プログラムは、「チェックリスト」を用い、農業経営の現状を農業者自身が評価、改善すべき課題を明示し、改善計画(アクションプラン)を策定・実行するものである。その内容は、我が国「新たな農業経営指標」の「取組指標」に近い(我が国の「取組指標」はオンタリオ版を大幅に簡略化したともいえる)。すなわち、今後の我が国農業経営の主体的な経営改善や「指標化」を考える際に、本資料は重要な示唆を提供している。

…続きは→解題等のPDFでご覧ください
書籍購入のメール送信フォームへ