農政調査委員会は農業、農村の現場から提言します - Since 1962

のびゆく農業:No.1028:途上国における食料不安と肥満

nobinou1028

・Stacey Rosen and Shahla Shapouri. Obesity in the Midst of Unyielding Food Insecurity in Developing Countries. 原文PDF)
・Trishnee Bhurosy and Rajesh Jeewon. Overweight and Obesity Epidemic in Developing Countries: A Problem with Diet, Physical Activity, or Socioeconomic Status?. (原文PDF)

■発行:2016年5月31日

■解題:三石 誠司→解題等(PDF)を読む(本編の一部を無料でご覧頂けます)

■翻訳:三石 誠司

■対象:アメリカ、日本

■ページ数:35p.

■在庫:あり

■目次:

  • 解題…2
  • 1.途上国における強固な食料不安と肥満…7
  • コラム…17
  • 2.発展途上国における過体重と肥満:食事、身体活動、社会経済的状況の問題?…19
  •  概要…19
  •  1.イントロダクション…19
  •  2.世界の肥満の状況…22
  •  3. 発展途上国における社会経済的状態と肥満…25
  •  4.身体活動のレベルと肥満への影響:発展途上国における現在のシナリオ…26
  •  5. 実践の妥当性・関連性…28
  •  6. 結論…30
  •  参考文献…31

■解題より:


  『のびゆく農業』第1028号は、2本の論文を翻訳したものである。

  第1論文は、2008年9月に米国農務省の一般向け機関紙Amber Wavesに掲載された、農務省経済調査局のステイシー・ローゼンとシャーラ・シャプーリによる「途上国における強固な食料不安と肥満(Obesity in the Midst of Unyielding Food Insecurity in Developing Countries)」である。

  この論文において、著者は、「2007年時点においてほぼ10億人の人々が栄養不良の状態(食料不安)であると見積もられている」一方、「多くの発展途上国において、過体重と肥満の上昇率が急速に懸念」材料となっていることを指摘している。

  この指摘で思い出すのは、わが国でも訳本が出版されているラジ・パテル(Raj Patel)の著書『肥満と飢餓(Stuffed and Starved)』(邦訳は2010年)である。「なぜ世界で、10億人が飢え、10億人が肥満に苦しむのか?」という同書の帯に書かれたメッセージは世界中の人々に対し、現代のフード・システムが抱える課題の大きさをストレートに問いかけたものであり、記憶している人も多いのではないかと思う。

…続きは→解題等のPDFでご覧ください
書籍購入のメール送信フォームへ