農政調査委員会は農業、農村の現場から提言します - Since 1962

講演会のご案内

(2015.12.4終了しました。多数のご参加ありがとうございました。※下記内容は開催時点の情報です)

一般財団法人農政調査委員会『のびゆく農業 No.1027』刊行記念講演会

日本の農業・食品産業とTPP

-アメリカ農務省経済調査局の報告書にもとづいて-

講師:三石 誠司 氏 
(宮城大学 食産業学部 フードビジネス学科 教授)


日時:2015(平成27)年12月4日(金)13:30~15:00(予定)
会場:日本農業研究会館 1階 会議室 
(〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3番29号)
定員:50名(先着順・定員に達し次第〆切)
会費:1,000円(税込) (資料代として)

【講演概要】 のびゆく農業の最新刊「日本の農業・食品産業とTPP」はアメリカ農務省経済調査局の報告書を三石氏が翻訳し、解題されたものです。アメリカが想定しているTPPの日本の農業への影響やアメリカの戦略を解説していただく講演を予定しています。農政調査委員会では海外の農業・農政に関する文献を「のびゆく農業」として定期的に翻訳・刊行しており、三石氏にはアメリカの食品関連産業・アグリビジネス等に関する文献を中心にご担当いただいています。

《プログラム》(予定)

  1. 開  会: 13:30
  2. 講  演: 13:40~14:30(50分)
  3. 質疑応答: 14:30~15:00(30分)
  4. 閉  会: 15:00

《講師略歴》
宮城大学 食産業学部 フードビジネス学科 教授。全国農業協同組合連合会、米国全農組貿株式会社等を経て、2006年より現職。農政調査委員会の編集委員を務めるほか、農林水産省、経済産業省、財務省等の各種委員会で各種委員等を歴任。

  • どなたでもご参加いただけます。
  • 参加ご希望の方は、講演会専用申し込みフォームよりご登録いただくか、講演会のご案内(PDF)をダウンロード・ご記入のうえ、下記の宛先までFAXまたは郵送のいずれかでお申込みください。
  • 資料代 1,000 円(『のびゆく農業』(No.1027)1冊を含む)は当日会場にて頂戴いたします。
  • 本講演会の中でローカル・フードシステム研究会の成果の一部についても報告します。(→ローカル・フードシステム研究会については「調査・研究活動案内」の記事をご参照下さい。)

■本講演会に関するお問い合せ先

一般財団法人農政調査委員会

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3番29号 日本農業研究会館4階
TEL:03-5213-4330(代) FAX:03-5213-4331

なお、お問い合わせは、E-mailまたはFAXにてお願いいたします。