農政調査委員会は農業、農村の現場から提言します - Since 1962

『日本の農業』講演会のご案内(2018年7月5日(木))

一般財団法人農政調査委員会『日本の農業』(第250・251集)刊行記念講演会

縮小再編過程の日本農業

―2015年農業センサスと実態分析―

講師:安藤 光義 氏 
(東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授)


■日時:2018(平成30)年7月5日(木)14:00~15:30
■会場:日本農業研究会館 1階 会議室 (東京都千代田区紀尾井町3番29号→アクセス)
■定員:40名(先着順・定員に達し次第〆切)
■会費:1,000円(税込) (別途資料代『日本の農業』1冊2,000円(税込・割引価格)))

【講演概要】
「縮小再編過程の日本農業」は、2010年農業センサスで示された急激な構造変動が政策的な要因による一時的なものであったかどうかを統計分析と8地域の実態分析で解明したものである。まず、今回のセンサスと実態分析は、農業経営体数、経営耕地面積及び農業労働力の3つの減少率と高齢化は悪化しており、縮小再編過程に突入したことを示している。しかも、農地集積が進んでいる地域と停滞している地域との差が拡大していることも看過できない。本書の取り上げた地域は「光」の地域であるが、安藤氏は、本当に「光」なのか「光」の先になにが見えるかを統計と実態分析から報告する。


《プログラム》(予定)

・開  会: 14:00
・講  演: 14:10~15:00(50分)
・質疑応答: 15:00~15:30(30分)
・閉  会: 15:30

《講師略歴》
東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授 (農業・資源経済学専攻 農業構造・経営学講座 農政学研究室所属)。1994 年東京大学大学院農学系研究科博士課程修了。茨城大学農学部助手、同助教授等を経て、2006年より現職。農政調査委員会の評議員を務めるほか、各種学会・委員会でも委員等を歴任。博士(農学) 。

《講演会資料》『縮小再編過程の日本農業』(日本の農業・第250・251集):1冊2,000円(税込・割引価格)

(※資料代2,000円は会費1,000円とあわせ当日会場にて頂戴いたします。)

  • どなたでもご参加いただけます。
  • 参加ご希望の方は、講演会専用申し込みフォームよりご登録いただくか、講演会のご案内(PDF)をダウンロード・ご記入のうえ、下記の宛先までFAXまたは郵送のいずれかでお申込みください。
  • 当日『日本の農業』最新刊をご持参いただいた方は、会場にて会費のみをお支払い下さい。
  • 郵送等により事前に定価でご購入済みの方は別途お問い合わせください。

■本講演会に関するお問い合せ先

一般財団法人農政調査委員会

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3番29号 日本農業研究会館4階
TEL:03-5213-4330(代) FAX:03-5213-4331

なお、お問い合わせは、E-mailまたはFAXにてお願いいたします。